こんなお悩みは
ありませんか

冷え性

低体温

肩こり・腰痛・関節痛

疲れやすい

​眠れない・眠りが浅い

風邪を引きやすい

肌トラブル 
(たるみ・シミ・シワ・乾燥・くすみ)

むくみ

セルライト

痩せにくく太りやすい

生理痛・生理不順

​便秘

​妊活中

​産後ケアをしたい

​脂肪吸引をした



20190226大坪様020.jpg
 

冷えは万病の元

身体の冷えは、健康や美しさを奪い不調をもたらします。

現在わかっているだけでも2万個以上の種類があると言われる酵素は、

【食べ物の消化・吸収にかかわる消化酵素】

【呼吸、運動、思考、自然治癒力などの生命活動を支える代謝酵素】

の2つに分類されます。

それらがしっかりと働くためには、37度近い体温が必要と言われています。

冷えが続き、酵素の働きが鈍くなると代謝が悪化。

必要なものが作られず、体内の老廃物も溜まりやすくなります。

その結果、たるみや下半身太り、貧血、疲労、腰痛、肩凝り、頭痛、アレルギー、糖尿病、関節リウマチなど、さまざまな症状が表れてくるのです。

体内の温度が上がることで、血流・リンパの流れを改善し、代謝が促進され、老廃物の排出やお肌のターンオーバーも活発になり、脂肪・セルライトの燃焼にも繋がります。

また、様々な病気の原因といわれている活性酵素を除去するという効果から、内側も外側も体全体が健康的になります。

 
20190226大坪様013.jpg
 

インディバは、インディバ社の物理学者ホセ・カルベット博士による高周波に関する研究により生まれ、当初は癌に対する治療機器として開発されたものです。​


「体内細胞で熱を作る」という、全く別の発想の温熱療法。

血流やリンパの流れを促進し、細胞・筋肉・内臓・脂肪をダイレクトに温める「深部加温」が可能です。

 
 


細胞で熱を作る

体を温めるという方法では温泉やサウナなどが有名ですが、熱源が体の外側にあり、体の表面から熱を吸収している為20分~30分で熱は体外に放出していきます。

皮膚は熱に弱いため、表面的に吸収した熱は脳が冷やそうと働きだすからです。

インディバの熱源は体内で発生するもので、その熱を「ジュール熱」と呼びます。

「ジュール熱」は細胞の分子を移動させて生じる摩擦熱です。

体内で高周波の刺激を受けた筋肉や、骨の組織細胞が大忙しの状態で摩擦熱を発生させ、体温を3~5℃、局所的に7℃まで上昇させる事が可能です。

インディバ社が特許を持っている「抵抗性電移法(通称レス)」により身体の深部に熱を作るため、深部の熱が完全に放熱し終わるまで2~4時間はかかると言われています。

その間、血液が全身にこの熱を運び、動きの鈍ってしまった細胞たちを活性化させることにより「身体が本来持っている力を取り戻す」というのがインディバの特徴です。

 
indiba_henka.jpg

INDIBAで冷えを
かえる

 

©2019 by INDIBA BASE. Proudly created with Wix.com